ECNexは TD SYNNEX(株)が運営しています
ECNexは当社とお取引がある販売店様向けのサイトです ECNexとは ECNex利用ご希望の販売店様

DX時代の頼れるサーバーならインテル® Xeon® プロセッサー搭載モデルがおすすめ

今こそ新規サーバー検討の絶好の機会です!
2022/06/27更新[2760]
この記事のURLをコピーする

老朽化やWindows Server 2012のサポート終了・・・ 今こそ新規サーバー検討の絶好の機会です!

デジタルシフトが基本となったDX(デジタルトランスフォーメーション)の社会では、従来のサーバー環境で対応できないビジネスシーンも増えてきました。
さらにWindows Server 2012が2023年10月10日にサポート終了を迎えます。そのまま使い続けた場合、更新プログラムが適用されないため高いセキュリティリスクがあり、アプリケーションも動かなくなる可能性が高くなるなど、業務そのものに支障が出てきます。
事業活動のパフォーマンス向上、そしてサーバーOS切り替えに迫られる今こそ、新しいサーバーにリプレースする最適なタイミングです。

オンプレかクラウド 果たしてどちらを選ぶべきか?

サーバー環境を自社内で構築するオンプレミスを採用しているお客様も多いでしょう。一方、DX時代にはクラウドが標準化していることもあり、入れ替えを機にクラウドへの移行を検討されているお客様もいるかもしれません。
しかし、数年前のクラウド一辺倒の流れを経て、最近ではオンプレミスとクラウドの“良いところ取り”を組み合わせたハイブリッドクラウドを導入するケースがかなり増えてきました。要するに、適材適所でそれぞれの強みを発揮する方法です。以下、それぞれのメリットをまとめてみました。

このように、それぞれの長所があります。ハイブリッドクラウドでオンプレミスが重視されるのは、高いセキュリティや柔軟なカスタマイズ、機密性の高いデータのオフライン利用などの理由からです。
そのため、クラウドだけに依存するのではなく、オンプレミスで高性能なサーバーを稼働させるトレンドは今後の主流になると見られています。

オンプレミスサーバーの強い味方 インテル® Xeon®スケーラブル・プロセッサーとは?

DX時代に即した高性能なサーバーをお求めなら、ぜひインテル® Xeon®スケーラブル・プロセッサー搭載モデルをご検討ください。インテル® Xeon®スケーラブル・プロセッサーは高度な業務向けのCPUで、安定かつ高速なパフォーマンスで、数多くのサーバーに採用されています。
2021年に発表された最新の第3世代インテル® Xeon®スケーラブル・プロセッサーには、以下のような特徴があります。

①パフォーマンス

②セキュリティ

③AI(人工知能)

インテル® Xeon® プロセッサー搭載サーバーはこちらから

◆デル・テクノロジーズ

インテル® Xeon® プロセッサー搭載サーバー製品は『見積支援サイト』よりお見積りください!
DELL 見積支援サイト
見積支援サイトの使用方法はコチラ!
見積支援サイト利用手順

◆日本ヒューレッド・パッカード