ECNexはシネックスジャパン(株)が運営しています
ECNexは当社とお取引がある販売店様向けのサイトです ECNexとは ECNex利用ご希望の販売店様

Yealink製Teams Rooms on Android会議専用デバイス

AI搭載のスマートなTeams Rooms on Android製品-A20/A30
2021/09/14更新[2162]
この記事のURLをコピーする

特長

  1. 高品質ビデオ・オーディオ体験
  2. 距離制限なしでコンテンツ共有
  3. AI機能でスマートな会議の実現
  4. プライバシー自動保護

特長1高品質ビデオ・オーディオ体験

Yealink MeetingBar A20、A30は、小規模、中規模会議室に適用されるオールインワンのビデオコラボレーションバーです。A20は20MPカメラと133°超広角レンズを搭載し、8倍ズームインされても優れたビデオ品質を提供します。A30はデュアルカメラのデザインで、分析用のカメラとPTZカメラが搭載し、3.5倍の光学ズームプラス3倍のデジタルズームが対応できて、鮮明な画質が届けます。A20は8つのMEMSマイクアレイとYealinkノイズプルーフテクノロジーを備えており、全二重モードでも小さな部屋で優れたオーディオエクスペリエンスを提供し、会議中誰でもはっきりと聞こえ、話すことが可能です。

特長2距離制限なしでコンテンツ共有

Yealinkは、HDMIインジェスト用の有線および無線コンテンツソリューション両方を提供します。Yealink VCH51コンテンツ共有ボックスは、HDMIおよびUSB-Cインターフェースを提供します。Yealinkワイヤレス プレゼンテーション ドングルWPP20を使用すると、距離制限なしに、PCに差し込めばすぐ共有できます。また、A20とA30はデュアルディスプレイが対応できて、一つ画面がビデオが表示されて、一つがコンテンツ共有が表示されることも可能です。

特長3AI機能でスマートな会議の実現

A20/A30には自動フレーミングや話者トラッキングなどの最新のAI機能が搭載されており、自動フレーミングが有効であれば、間を開けた座席でも全員の映像を映し出します。話者追尾は会議中に誰かしゃべると、発言者にすぐ追尾されます。これらの機能により、カメラ制御の手間から解放され、会議の体験を楽しめます。A20/A30には、マルチフォーカス フレーミングとPiPモードであるオプションがさらに追加される予定です。会議のギャラリーレイアウトを有効にすると、参加者の表情がちゃんと見れます。マルチフォーカス フレーミングは、参加者の顔を拡大して出力されます。会議参加者の表情が見やすくなります。PiPモードでは、話者を追尾するときに、発言者の映像を出力する上に、全員の映像も小さいな画面に表示されます。

特長4プライバシー自動保護

A20/A30には両方とも電動レンズシャッターが搭載しています。会議を開始すると電動レンズシャッターが自動的に開き、会議が終了するとプライバシー保護のために電動レンズシャッターが閉じます。 手動操作はいらなくてお客様のプライバシーも確保できます。

様々なシナリオに対応可能なコラボレーションバー

Teams Rooms on Androidソリューションにお気に入りのお客様には、A20、A30が最適なオプションです。Qualcomm製高性能チップセットsnapdragon 845を搭載し、将来のAndroid11にアップグレードすることも可能です。どちらのモデルにも、自動フレーミングとスピーカートラッキング、電子レンズシャッター、人感センサーを備えたAI機能が付属しています。内蔵の8MEMSマイクは、明瞭な音質体験が提供することが可能です。Yealink A20は7人以下の小会議室とハドルルームに適用されます。A30は最大11人の中会議室に最適です。技術に詳しくない人でも非常に簡単にセットアップでき、時間とコストを大幅に省くことが可能です。

Q&A

Q1
広いスペースでマイクが足りない場合外部マイクが接続できますか。
A1
A20、A30がYealinkの無線マイク、卓上マイク、天井マイクが接続することが可能です。 A20: 最大VCM34*2 VCM38*2 CPW90*1 A30: 最大VCM34*3 VCM38*3 CPW90*1 集音範囲:卓上マイクVCM34-半径6m 天井マイクVCM38-半径4m 無線マイクCPW90-半径3m
Q2
会議室に二つディスプレイがありますが、ビデオとパワポ内容が同時に出力できますか。
A2
A20、A30はデュアルディスプレイの出力が対応できます。A20/30本体に二つHDMIポートがついております。YealinkのVCH51をA20/A30本体のVCHポートに接続し、PCに差し込めばPCの画面が2番目のディスプレイに映します。無線のソリューションについて、Yealink製WPP20のプレゼンテーションドングルをA20/A30とペアリングしてからPCに差し込めば共有できます。
Q3
A20、A30がほかのweb会議が対応てきますか。
A3
Yealink A20、A30はネイティブTeamsとZoomのバージョンがあります。 ファームウェアをインポートしたらTeams/Zoomに切り替えることが可能です。 また、A20、A30はUSBデバイスモードが対応できます。VCH51ボックスをPCに差し込めばUSBデバイスモードに切り替えることが可能です。CTP18のタッチパネルにBYOD Modeのボタンを押下して、PCのweb会議にA20/A30のカメラ、マイク、スピーカーが利用します。どのプラットフォームでも高品質のビデオ体験が提供することが可能です。

製品資料

Yealink MeetingBar A20クイックスタートガイド

商品リスト